スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル|シャンゼリゼに花開く


26日に閉幕した世界三大自転車大会の一つ、ツール・ド・フランス。今年の大方の見所はスペインのコンタドールとアメリカの鉄人・アームストロングだったけれど、日本人のツールファンにとっては特別な、歴史的偉業を目の当たりにした大会でした。100年以上の歴史を持つツール・ド・フランスにおいて、日本人二人が初めて同時出場、しかも完走したのだから!
新城幸也選手(ブイグテレコム)と別府史之選手(スキル・シマノ)。第2ステージでは新城選手が区間第5位、第3ステージでは別府選手が区間8位でフィニッシュ、「もしかしたらやってくれるかもしれない」日本で応援するファンたちは、ぞくぞくするような期待感に打ち震えたことでしょう。その大きな期待、プレッシャーに二人は応えて、厳しい山岳コースも乗り越えてくれました。そしてステージ終盤、別府選手は第19ステージで区間7位と健闘、その勢いで最終第21ステージ、ゴールのシャンゼリゼ大通りを全力で駆け抜けました。一時は先頭を走る別府選手の姿がテレビ中継で映し出され、大きな歓声をもって迎えられたのです!その後も積極的
に先頭集団に食い込んだ姿勢が評価されて、見事敢闘賞を受賞しました。いや 本当にすごい!完走すら侭ならなかったツール・ド・フランスでその実力を発揮して花開いた訳ですから。。
最近の自転車ブームもただの流行で終わらずに続いていくと良いのですが。競輪という言葉を世界に広めた日本ですから、世界に通用するロード自転車選手も育てられる筈ですよ~。国際ジャーナルでも取り上げてくれないかな。。実は自転車競技って世界的にはメジャーなスポーツだし。ツールの表彰台に日本人が立つ日が来て欲しいですね。



国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト

国際ジャーナル|季節を楽しむ余裕

梅雨明け宣言してから二日くらいは暑かった関東甲信ですが、ここんとこずーっと雨雨雨。「まるで梅雨みたいだね」と言ってたら本当に「戻り梅雨」という言葉があるんですね。梅雨明けした後も、雨が続いたり、いったん晴れた後また雨が降ったりすることを指し、帰り(返り)梅雨とも言うそうです。山口県の豪雨は、梅雨後期の集中豪雨である「暴れ梅雨」になるのでしょう。
梅雨にはいろんな表現があります。梅雨の走り、梅雨空、梅雨寒、梅雨の中休み、空梅雨・・菜種梅雨やさざんか梅雨、すすき梅雨なんかはその花の咲く時期の長雨から名前がついたんだとか。昔の人は今以上に梅雨との付き合いに苦労した筈ですが、風流な言葉を残してくれたんだなあと思います。ゲリラ豪雨なんて、意味としてはピッタリ当てはまってるかもしれませんが、何だか物々しい感じがしますね。
梅雨も終わりに近づくと、湿気だけでなく気温も高いので、不快指数がどんどん上がってきて、もういっそのこと早く暑くなって欲しいと思ってしまいます。でも梅雨明けしてガツーンと暑くなったら、それはそれでしんどい。特に最近の猛暑はハンパないですよね。
子供の頃だって夏は暑かったけど、命の危険を感じるほどではなかった気がします。実際、35度なんて数字が当たり前になってきたのは1990年代後半からじゃないかな。今のこの異常な暑さを涼しく受け流す表現力は、現代人には無いかもしれないし、風流に受け取るにはあまりにも暑過ぎると思ってしまいます。梅雨にしても夏の厳しい暑さにしても、季節を楽しむ心の余裕が欲しいですね~。とりあえず、風鈴でも買いに行きますか。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

国際ジャーナル|ブログ

現代画報の『いぬ』というHNのスタッフさんが書いた『かんじ』のタイトルに引かれ、読んでみると『禁煙の火偏が可愛い』って(・_・;)


パソコンやワープロで打たれた文字が多いので『火偏が可愛い』と言われてもピンときませんでしたが、面白い『書』を書く人もいたりして、確かに、書き方によっては可愛くなるのかもしれないなぁと思いましたo(^-^)o


大学病院で一緒の部屋だった方も病気をきっかけに『書』を仕事として、ひたすらに書かれています(*^o^*)


たまに、自宅販売をされていくようで、有名になる前に1点購入しようかと考えているところです(^w^)


お花屋さんのメッセージカードや保育園の催しや意外なところで需要があるようです(o^∀^o)


ま、何でも基本がしっかりあって何ぼのもんで書道の基礎はないとお金はもらえないなぁと思いますf^_^;


私もこれなら誰にも負けないという、いわゆる手に職を持つようにパソコン関連の勉強をしようと思っているところです(^w^)


本業のテープ起こしもなかなか軌道に乗りつつあって、得意の病気ものの冊子の起こしを定期的にもらえそうな感じです\(^ー^)/


何事も日々、精進ですねo(^-^)o


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

国際ジャーナル|子育て

現在、3才になる甥っ子と8ヶ月の姪っ子がいますo(^-^)o


夕方、3才の甥っ子が遊びにきて、父に『じじ、髪の毛かっこよかろ?』と保育園帽子をとって見せていました(^w^)


今日、私が暑さに負けてバッサリと髪を切ってきたので、甥っ子に『見て見て、同じように短くしてきたよ』と見せると、『一緒ねぇ~』とニコニコしてました(*^o^*)


交流分析の勉強を始めて1年余り、小さい頃の言葉かけがいかに大事かということを学んだ私は3才になったつもりで『一緒ねぇ~』と言います\(^ー^)/


すると、飛びっきりの笑顔が返ってきます(^w^)


トラウマになる子どもたちの症例も勉強したので、出来るだけトラウマにならないように自然に子どもらしく育ってほしいなぁと思いますが、つい、大きな声で制限してしまったりするんですよねぇ(-o-;)


子育てって、本当に大変なことだと思いますf^_^;


そのうち遊びにも来てくれなくなるんだろうなぁと思いながらも甥っ子や姪っ子と過ごす日々を満喫しています(*^o^*)


私が障害があるからか、靴を持ってきてくれたり、ちょっとした気配りをします(^w^)


が、どうも意識しての行動ではなく、感覚で動いていることのようですo(^-^)o


優しい子だと思っていたら『頭で考えての行動ではなく身体で感じて行動してるに過ぎないんだよ』と先生に言われましたf^_^;


小さい頃は、身体で感じ行動する…凄い能力だと思いませんか?(*^o^*)


大事にしてあげたい能力ですo(^-^)o


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

現代画報|地域に根差した

現代ニッポンの『福祉と医療』に、地域に根差した医療ということが書かれていた。


私は、地元の病院と大学病院の神経内科、移植を受けた血液内科、個人の婦人科に耳鼻科とあちこちの病院で診察をしてもらっている。


地元の病院は、へき地医療に指定される、いわゆる田舎の病院なので採算のとれない科は閉鎖になり個人病院に行かざるを得なくなる(-o-;)


高齢化が叫ばれる中、必要とされるのは急性期医療ではなく長期療養型の病院ではないかと私は思うが、私の通う地元の病院は何故か急性期医療の施設としての申請をし、今月7月から急性期医療の病院となってしまいました(T_T)


正直、研修医終わりましたという若い医者ばかりがくる地元の病院には、『この先生は、患者さんのことを思って言葉を選んで話をするし、多少厳しいことを言われても信頼できる』といえるお医者さんは一人もいません。


悲しいけど、医者の国家試験に合格しただけなのに、患者より偉いと思っている人の集まりでしかないのですf^_^;


色んな病院で入退院を繰り返してきた私は、ついつい『ワガママ』と取られるのではなく『自分らしい我のまま』で生活させてくれる病院を求めてしまいますo(^-^)o


しかも、『我のまま』でいることを当たり前としている病院に巡り逢ってしまったことが、他の医者中心の病院が際立つ結果となってしまったんだけど、もう少し『我のまま』で一生を終えられるよう、高齢者にも障害者にも…すべての人に優しい地域に根差した医療や介護を目指してもらいたいと思います(`∇´ゞ

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

報道ニッポン「変革が求められる自動車業界」

トヨタ、ホンダ、日産など、日本の自動車メーカーは生き残りをかけて激しく
戦っています。世界一の自動車メーカーだったGMの破綻によって、GMに部品
を供給していた部品メーカーも連鎖倒産が続いています。日本の自動車メーカー
にとっても他人事ではありません。ここ最近、トヨタのプリウスやホンダのイン
サイトなど、ハイブリッドカーの売れ行きは好調の様です。これは、政府のエコ
カーに対する補助金の影響も大きいと言えます。一方、自動車に対する需要は、
今後の人口減などを考えると、右肩上がりで増える事はなさそうです。インドの
タタ自動車ではとても安い価格の自動車を販売開始しましたが、日本でも軽自動
車などの低価格車が主力で、高級車の販売に関しては、景気の回復がない限り、
先行きは不透明でしょう。報道ニッポンには「変革が求められる自動車業界」と
いう記事がでていましたが、日本の主力産業である自動車業界の今後の行方は、
日本経済にとって、大きな意味を持つといえるのではないかと思います。私もよ
く車に乗りますが、カーシェアリング、ガソリン価格の高騰、エコカーの事、な
どなど、今まで見られなかった自動車の話題に関して、これからも注目していき
たいと思う次第です。


国際ジャーナル
国際通信社
報道ニッポン
報道通信社
現代画報

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゲームに出現する暗号 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。