スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル 刑事罰隠し小学教諭に採用もばれる

こういう問題を防ぐには、教員の不祥事をデータベースにすれば簡単なことだが、教育委員会によっては、名前を公表しないで処分をしていることもあり、他地区での再就職が自ら告白しない限り、防ぐことができないことになっている。クレジット業界のブラックリストではないが、教育界に危機意識があれば簡単に実施できることである。罪を憎んで人を憎まずであはるが、ルールが守られているかのチェックを働かせることくらいはしないと何のためのルールかわからない。それすら積極的に行おうとしない教育界は教育には最も不適な人達が行っているとしか言えないのではないか。都教委は「犯罪の内容は把握していない」とコメントしているが、本当に確認していないのなら呑気な人である。何故、非常勤の時は問合せしないで、正教員の時にするのか? 子どもには正教員も臨時教員も関係ない。建前的な対応しかできない教育委員会と言うのは、本当に腐っているといえる。
---以下、スポーツ報知引用要約
東京都教育委員会は11日、教員免許の欠格事由となる禁固以上の刑が確定し執行猶予中だった男性(25)が虚偽の宣誓書で教員免許を取得、区部の小学校で勤務していたと発表した。都教委は10日付で男性に失職を通知した。都教委によると、男性は大学在学中の3月、「欠格事由に該当しない」とした宣誓書を都教委に提出し教員免許を取得。4月から非常勤講師に採用され小学校に勤務、5月からは臨時的任用教員になり引き続き同じ学校で担任を務めていた。男性は正教員になるため2010年度都教員採用試験を受け、10月に合格。都教委が欠格事由の有無を居住する自治体に確認した結果、07年に禁固以上、執行猶予3年が確定していたことが今月、分かったという。



partner.sphere.sc
報道ニッポン 食べ物は大切に 食品廃棄量削減を目指そう/報道通信社
trip.bulog.jp
国際ジャーナル
仁の取材 報道通信社ブログ
国際ジャーナルの取材記事を読んで 朝ごはんを考え直そう
取材日記 国際通信社
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際ジャーナルの投稿サイト
現代画報の通信日記
press-blog.org | 国際ジャーナル | 国際通信社
報道ニッポンで取材されました
報道ニッポン | 報道通信社 | 国際通信社グループ 国際ジャーナル 現代画報
スポンサーサイト

国際ジャーナル 短気な運転手

ある新聞に1人の読者からのメールが送られてきました。内容は車の運転についてでした。

この読者は、49歳の主婦です。運転歴22年になるそうです。
若い頃に比べて、スピードも抑え気味の安全運転を心掛けている主婦だそうです。
最近、無茶な運転をする人や、すぐにキレる人が多すぎませんか・・・という内容でした。
この主婦もどちらかというと性格は短気なようです。

この主婦がある日、車を運転していたそうです。バックミラーを見ると、すぐ後ろにくっついてくる
車が見えたそうです。主婦が少し進むと、後ろの車も少し進んでまたピタッとくっつくそうです。
主婦は、あおられているようで動揺しました。
前が混んでいたので、主婦は少し車間をとりつつ進んでは止まり進んでは止まり・・・を繰り返して
いたようです。信号待ちをしていて、信号が青に変わったとたんに後ろの車は「ブブーッ」っと
クラクションを鳴らしたそうです。
そして、前の車が左折をするので主婦は一旦止まったそうです。するとまた後ろの車はクラクションを鳴ら
したそうです。少しでも主婦の車が動くのが遅いとクラクションが鳴るのです。

この主婦もだんだんと腹が立ってきました。が、直接後ろの車の運転手には文句を言うことなく、自分の車
の中で「前が混んでいるのに速く走れるわけがない」と叫んでいたそうです。

私は主人の運転する車の後部座席に座っているだけの者ですが、確かに周りを見ると必要以上に
クラクションを鳴らす車が多いように思います。
ある新聞記者は日頃、事件や事故の取材をしているそうですが、警察の話によると車の通行方法を
巡るトラブルが絶えないようです。
どんなに燃費のいい車に乗っていても、どんなに良い車に乗っていても、運転する人のマナーが悪ければ意味
がないように思います。


報道通信社|報道ニッポン|記者サイト
nownews.bex.jp
現代画報 詐欺・強盗事件の増加と若者 現代画報社
nyao.weblog.am
現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト
あんそにの国際ジャーナル
国際ジャーナル|報道ニッポン|現代画報
国際通信社の取材で・・
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年11月号のご案内
現代画報の通信日記
国際ジャーナル インターネットクチコミは詐欺?クチコミの判断法
現代画報との出会い

国際ジャーナル ある男性裁判員の話

以前、雑誌「現代画報」には「裁判員裁判」に関する記事が載っていたように記憶しています。

すでに「裁判員」として裁判所に足を運んでいる人もいらっしゃるかと思います。
「思っていたよりもわかりやすかった」「裁判員をやってよかった」という声もある中で「責任
を感じた」「本当にこのような判決でいいのか」と思った人もいるようです。

先日インターネットを見ていたら裁判員に選ばれたある男性の話が載っていました。
その裁判は、強姦致傷事件の裁判員裁判だったようです。39歳男性被告の第2回公判でした。

午前中の被告人質問で、男性裁判員が「この裁判は面倒くさいと感じますか」と尋ねたようです。
被告は「自分がやったことなので仕方ありません」との答えを。そして「捕まって運がなかったと
思いませんでしたか」の質問には「思いません」などのやりとりがあったそうです。

また男性は被告に「二度と繰り返さない気持ちはあるか。その気持ちはどれくらいか」と質問を続
けるとうつむいていた被告は黙り込んだようなのです。
そこで男性が「即答ができない。昨日から反省しますとか当たり前の答えしか返ってこない。被害
者に対して反省はこれからだ。あなたにはむかつくんです」と非難したそうです。そこで裁判官が
「その辺で」と言うと「すみません」と男性裁判員は質問を止めたそうです。

私にはこの男性裁判員が非難した時の気持ちがわかるような気がします。まるでセリフのような言
葉を聞くのではなく、被告自身がどう感じてどう思っているかを裁判で言うべきなのだと思うのです。
もし、私が裁判員に選ばれた時の裁判員裁判が事件であれば、被告の態度を見て非難してしまうかも
しれません。これが、一般人が参加する「裁判」なのではないでしょうか。



国際ジャーナル 取材
報道ニッポン 取材
現代画報 取材
国際通信社 取材
報道通信社 取材
現代画報社 取材
評判
国際ジャーナル 取材
報道ニッポン 取材
現代画報 取材
国際通信社 取材
報道通信社 取材
現代画報社 取材
評判

国際ジャーナル 日本経済は回復?それとも二番底?

報道ニッポンなど、マスコミにおいても日本経済の回復と、二番底への懸念がそ
れぞれの角度から語られています。実際のところ、今の日本の経済状況はどのよ
うに捉えればいいのでしょうか。まず、東京証券取引所第1部に上場している大
手企業においてですが、2009年7月から9月にかけては回復傾向にあるとい
えます。これは前の四半期に比べると、売上高は10.8%、経常利益は2.3
倍に回復しています。さらに、鉱工業生産指数は急反発しており、同じ時期の
GDP(国内総生産)については、実質で年率4.8%成長という高い伸びを示
しています。しかし、懸念となっているのが株価です。日経平均株価は11月に
入ってから、約5000円近く下落しています。また、10月の最低であった
9674円を下回る、9497円という結果がでています。株価から見ると、景
気の後退と二番底の懸念が広まっていると見ることができます。世界的な動きを
見ると、景気底打ち観測が伝えられる欧米、それから早々に回復し始めた新興国
の株価と比較して、日本における株価の動きは鈍いと言わざるを得ません。日本
においては新政権の経済運営や、急速な円高などのリスクファクターがあります
ので、そちらの影響がでているのかもしれません。





国際ジャーナル 取材 報道ニッポン 取材 現代画報 取材 国際通信社 取材 報道通信社 取材 現代画報社 取材 評判
国際ジャーナル 取材
報道ニッポン 取材
現代画報 取材
国際通信社 取材
報道通信社 取材
現代画報社 取材
評判

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゲームに出現する暗号 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。