スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報報道ニッポン国際ジャーナル 継続する円高と輸出産業の行方

円高の圧力はなお強く、輸出産業については今後の先行きは不透明です。工場を
海外移転せずに雇用を守るにはどうすればいいのでしょうか。経営者か らの意
見としては、賃上げの見送りは仕方がないかもしれません。しかしながら、守り
ばかりではデフレ克服や暮らしの底上げに展望は見えてきませ ん。働く人に
とっても、前向きになれる様な形が求められています。日本の内需をどのように
高めていくのか、そのためには雇用と給料の問題について も考えていくべきです。




国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル
国際通信社
スポンサーサイト

現代画報報道ニッポン国際ジャーナル 大手企業の業績が気になるところだ

日本経済の課題は数多くありますが、なんといっても雇用の改善と、デフレ経済
の克服は大きな課題です。そのような状況において、大手企業の実績は カギを
にぎります。地方の中小企業の業績にも影響を与える事になるでしょう。そうし
た点からもまずは大手の業績回復をベースとして、その恩恵が地 方の企業に回
るような政策をとってほしいと思います。税法の見直しなど、国や地方自治体と
しても、業績回復に向けていろいろと考えてほしいところ ですね。





21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポン
現代画報社

月刊誌国際通信社国際ジャーナル 全国初の裁判員に・・・

裁判員裁判が導入されてから、どれくらいの月日が経ったでしょうか。
今ではもう当たり前のようにニュースや新聞で取り上げられていますが、
導入される前はかなり長い時間を使っての報道がされていました。
そして、国際通信社から発行されている雑誌にも載っていたように思います。

新聞に裁判員裁判の記事が載っていました。
栃木県栃木市の実家で、当時55歳の父親を刺殺して、実家を放火したとして
殺人罪などに問われた埼玉県三郷市の23歳男性の裁判員裁判の判決が9月9日
に宇都宮地裁であり、懲役15年が言い渡されたそうです。

今回の裁判員裁判では、裁判員を務めたとみられている20代女性の英語講師の
話が新聞に載っていたのです。この女性は視覚障害者だそうです。
視覚障害者では全国で初めて裁判員を務められたというのです。
判決後の記者会見で、この女性は「不安が大きかったが「障害者の代表」と覚悟を
決めて参加した」と話していました。そして「障害者もサポートがあれば健常者と
同じことができると多くの人に理解してもらいたかった」とも話していました。
そして審理については「検察、弁護側とも点字訳を用意してくれたので、分かりやすかった」
とのことでした。
健常者、障害者という区別を私はつけたくないと思っています。同じこの世に生まれた
人間ではないですか。サポートが必要であれば、サポートをつければいいのです。
今回の裁判員裁判の記事を目にして私は「どんな人でも参加できる制度であればいい」と
ふと思いました。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
報道通信社
現代画報社

国際ジャーナル現代画報 ランドセル

お歳暮やお中元など、本来の時期よりも前倒しで販売されているのが
ここ最近の傾向だと思います。
また、同じように前倒しで販売されるのが「ランドセル」だそうです。

ついこの間2学期がスタートした・・・と思っていたら、ランドセルの
販売が本格化しているのだそうです。
残暑がまだまだ厳しい日が続いていますが、そんな中でも学用品や子供
用品売り場には、秋や冬を通り越して春がやって来ているのです。

新聞記事に載っていたのは、福岡県のある百貨店でした。
9月1日に売り場を設けて、約180点ものランドセルを揃えていると
いいます。販売から初の週末となった9月4日、子供たちは鏡を覗き込んで、
そして祖父母などは笑みをこぼしているという光景がかなりみられたようです。
ある主婦にインタビューしているのですが、背中がすっぽりと隠れるという
ランドセルを長男に購入したといいます。「早くランドセル姿を見てみたい」
と今から楽しみのようですね。

テレビや新聞、そして国際通信社から発行されている雑誌にも取り上げられて
いたように思うのですが、ここのところ「少子化」といわれています。
この少子化も手伝って「いいものがなくなる前に押さえたい」と考える客が
増えているようなのです。来年の春、小学校に入学の子供を育てている親は、
どのようなランドセルを選ぶのでしょうか。楽しみですね。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル
国際通信社

月刊誌は報道通信社の報道ニッポン ポイント

今やスーパーマーケットやコンビニ、デパート、家電量販店など
あらゆる店に設けられている「ポイント制度」。

買い物額に応じて獲得できるもので、

省エネ家電の購入で付与されるエコポイントもあわせると、

発行総額は1兆円を超えるとのことです。

ポイントの使い道で最も多いのが、

1ポイント=1円などで買い物に使うことだそうです。


効率的にためるとかなりお得なこのポイント制度ですが、

ひとつ気をつけなければならないのが有効期限の存在です。

特典に交換できる最低単位を満たす前に有効期限が消えてしまったり、

満たしても特典に交換するのをうっかり忘れてしまって期限切れになってしまったり。


何種類ものポイントの期限をこまめに管理するのは大変面倒なものなのですが、

せっかくのお得な特典をみすみす逃してしまうのはもったいないです。

そこで、あるポイントの達人?が提案していた方法は、

月末、少なくとも年末には財布の整理をし、

各ポイントカードやレシートのチェックをすること、だそうです。

有効期限は月末や年末に設定されていることが多いので、

この方法を続ければ、大体期限を見落とすことはなくなるとのことです。


せっかくの機会なので、忘れないうちに私も財布の中身を整理してみようかと思います。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報
報道通信社

国際ジャーナル・月刊誌・国際通信社 食べるラー油が絶好調

その年によって、日本では「ティラミス」が流行ったり、「堂島ロール」が流行ったり、「とろけるプリン」が流行ったりと食べ物にも流行りものがありますが、ここ最近すごい勢いで見かけるのが「食べるラー油」関連の商品ではないでしょうか?日本中でこのラー油旋風が吹き荒れる中、やっぱりコンビニもこの波に乗ろうと食べるラー油商品を続々と発表しているようですね。例えばミニストップは、ホットドッグとラー油を組み合わせた商品を販売するようですし、サークルKサンクス、ローソンもラー油商品を取り入れているよう。ファミマの大人気商品、「具入りラー油おむすび」の売れ行きを見たコンビニが、一斉にラー油に飛び付いた形になっているようですね。ミニストップの、ラー油+グリルドッグの商品は、玉ねぎとひき肉などが入ったラー油をソーセージの上にのせ、またパンにマヨネーズを塗ったり、ガーリックチップをのせたりと工夫しているようです。サークルKサンクスの勝負商品は、ラー油入り中華まん、そしてローソンは「旨辛具入りラー油おにぎり」で勝負に出るのだそうです。もちろんセブンイレブンでもラー油商品は発売していますが、また新しい商品で勝負に出るのではないでしょうか?ラー油好きな方は、今のうちにいろいろな商品を食べ比べてみてくださいね。

現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社
国際ジャーナル

国際ジャーナル・月刊誌・国際通信社 松本清張「ゼロの焦点」

松本清張さんファンの方は、すでに読んだことがあるかもしれないのが、松本清張さんの長編推理小説、「ゼロの焦点」です。松本清張さんといえば、推理小説、そしてその小説はよくドラマ化されているので推理小説好きではない方も、一回くらいはテレビで見たことがあるかもしれませんね。「ゼロの焦点」も、松本清張さんお得意の推理小説で、かなり面白いようです。推理小説好きな方で、まだ松本清張さんの小説を読んだことのない方にはお勧めします!

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道ニッポン
現代画報社

国際通信社の月刊誌国際ジャーナル 東京ガールズコレクション

日本に在住している10代の女の子から20代の女性まで、それにアパレル関連にお勤めの方などは大注目しちゃうのが「東京ガールズコレクション」ではないでしょうか?東京ガールズコレクションは、日本のアパレルブランドの洋服を、モデルさんや女優さんたちが着こなしてランウェイを歩く大きなファッションイベントで、モデルさんや女優さんを目当てに詰めかけるファンの方もいらっしゃるようですね。ファッションデザイナーになりたい若い女性の夢もかかっている東京ガールズコレクション、これからも要注目です!

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報
報道ニッポン

国際通信社の月刊誌国際ジャーナル チュートリアル徳井、主演映画

チュートリアルファンの人はすでに耳に入っているニュースかもしれませんが、チュートリアルの徳井義実さんが映画に初主演するらしいです。どんな映画に主演するのかといえば、「莫逆家族―バクギャクファミーリア―」という映画だそうで、34歳の金髪のヤンキー役を演じることになったのだそう。映画のほうは、今年の11月に公開予定だそうですから、ファンの人は楽しみですよね。もともとチュートリアルの徳井さんといえば、「吉本男前ランキング」で2003年度からなんと3年連続で1位を獲得し、殿堂入りを果たした男前にはお墨付きのルックスですから、映画に主演で出演するのもなんとなく納得ですね。もともと2008年に公開された映画、「天国はまだ遠く」で、加藤ローサさんとダブル主演など、映画には出演されていたそうですが、長編映画での単独主演は初めてとなるのだそう。「莫逆家族」はもともと、原作の時点から田中さんが映像化を狙って執筆していたのだそうで、昔、関東一の暴走族のトップだった徳井さん演じる火野鉄が、愛するものを守るため、家族としている昔の仲間たちと30歳を超えて、またけんかをするというもののようです。ヤンキーものが好きな方には、たまらないのでは?映画の撮影は、1月22日からスタ^とするのだそうで、徳井さんはというと、なんと髪形を金髪のリーゼントにし、また役作りのために去年の12月から肉体改造を始めたのだそうで、首を太くするための加圧トレーニングや、プロテインを摂取したりしているのだそう。

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル
国際通信社

国際通信社の月刊誌国際ジャーナル 今度は別のアニメキャラクター名で・・・

児童養護施設などに、漫画の主人公の名前などで贈り物をするということが
かなり話題になっているように思います。
新聞では、これを「タイガーマスク運動」と取り上げています。
確か、この話題の発端は「タイガーマスク」の主人公の名前でランドセルが
贈られた・・・というニュースから始まったようにも思います。

そんな中、1月13日にも「贈り物」があったようです。
これは新聞記事に載っていました。
場所は徳島県だそうです。徳島市にある「こども女性相談センター」には、
なんと「阿波の妖怪人間ベロ」という名前で現金61万円余りが届けられた
そうなのです。
徳島県によると、1月に入ってから13日までに県内の同様の施設への匿名の
寄付が計12件あったそうですが、今回はかなりの大金が送られてきたようですね。
手紙も入っていたようで、「伊達さんや星さんみたいにオイラもやるぞ!」と
書かれていたそうです。

このほかにも別の施設では、現金10万円と「未来のあるこどもたちのために
使ってください」という手紙が入った封筒が、男性から直接職員に手渡された
そうです。

かなりの件数で続いているので、驚いている人も多いかもしれません。
が、この不景気で多くの人が生活に困っている中、なんと心の温かい人がいるんだろう
と思いました。世の中、悪いことばかりではありませんね。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル
国際通信社

国際通信社の月刊誌国際ジャーナル 2月の景気ウォッチャー調査

新聞に載っていた記事なのですが、内閣府が3月8日に発表した2月の景気ウォッチャー
調査によると、街角の景気実感を3か月前と比べた現状判断指数は前月と比べて4.1
ポイント上昇して48.4となり、2か月ぶりに改善したということです。
前月は日本海側を中心とした大雪の影響で消費が冷え込んでしまい、3か月ぶりに悪化
したのですが、2月は比較的天候に恵まれたということが主因とされています。
このような記事が書かれているとはいえ、まだまだ苦しい生活をしている人たちは
本当に多くいます。以前、雑誌「現代画報」にも「不景気」に関する記事が載っていましたが
なかなか安定した生活を過ごせない人も多いのです。
この状況、なかなか前に進むことができていないのがほとんどではないでしょうか。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報
報道通信社

月刊・国際ジャーナル ヒブワクチン

ここ最近、ワクチンに関するニュースが大きく取り上げられているように思います。
ある新聞に、厚生労働省が3月7日に発表した内容の記事が載っていました。
それは、インフルエンザ菌b型(ヒブ)ワクチン「アクトヒブ」と結核のワクチン
BOGを同時接種した宮崎県に住む0歳児の男の子が亡くなっていたということが
分かったというのです。
接種と死亡との因果関係は不明だと新聞にも書かれていました。
以前、雑誌「現代画報」にも「ワクチン」に関する記事が載っていたように思います。
病気を予防するための予防接種を接種したあとに異変を感じた場合、不安でならない
ですね。今後、このような予防接種に対してどのような対応をするのでしょうか。
子供たちには病気を予防しようと親は予防接種を受けさせます。
すばやい対応をお願いしたいものですね。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社
報道通信社

月刊・国際ジャーナル 金八先生ドラマが完結

みなさんにも「金八先生を見ていた」という人はいらっしゃるのではないでしょうか。
私もドラマを見ていたのですが、この金八先生のドラマは1979年に始まった
ドラマでした。シリーズ化して、様々な問題に向かっていく先生や生徒の姿を、
涙なくては見れなかったという記憶があります。

この金八先生シリーズが、3月下旬放送の特別版「3年B組金八先生ファイナル」と
いう仮の名称になるようですが、このドラマで完結するのだそうです。
なんだか寂しい気持ちになりましたが・・・。

これまで連続ドラマ8シリーズ、特別版11本を制作するということです。
金八先生を演じるのは、もちろんおなじみの武田鉄矢さんです。
この特別版では、坂本金八先生が定年退職を迎える設定で幕を閉じるそうです。
ちなみに武田鉄矢さんご本人は61歳だと新聞記事に書かれていました。

ドラマをシリーズ全て見ていたという人もいらっしゃるでしょう。
中学生の妊娠、校内暴力、受験戦争、性同一性障害、また薬物使用など、社会問題
を取り入れながらストーリーが進んでいくドラマでした。
私も学んだところがたくさんありました。自分が中学生の時に、こんな先生が
いてくれていたらどうなっていただろう・・・と思う時もありました。
「ファイナル」というのは心から寂しく思います。
ですが、まずは「お疲れ様でした」といった感じでしょうか。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社
現代画報

月刊・国際ジャーナル ジャイアントパンダの日本名

テレビでも取り上げられていたのですが、東京の上野動物園が中国から借り受ける
ジャイアントパンダのつがい2頭の日本名が3月9日に決まったということです。
オスが「リーリー」、そしてメスが「シンシン」という名前だそうです。
東京都が名前を公募していた中から審査を行って選ばれたようです。
3月22日の午前中に記念式典が開催されて、その日の午後1時から一般公開される
ということです。
日本に到着した日には、多くの人が注目を集めたことでしょう。テレビや新聞でも
大きく取り上げられていました。一般公開された後は、きっとかなりの人気を集める
でしょう。今から、この2頭を目にするのが楽しみですね。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社
国際ジャーナル

月刊 子宮頸がんのワクチンが不足

テレビや新聞、雑誌などでも大きく取り上げられていたのが、子宮頸がんを予防する
ワクチンです。「ワクチン」に関する話題は、以前に雑誌「現代画報」にも載っていました。
この子宮頸がんの予防ワクチンが全国規模で不足しているのだそうです。
ワクチン接種の全額公費負担が昨年11月に始まってからは需要が急増して、製造が
追いつかなくなったということです。
女性であれば、テレビや雑誌、インターネットから子宮頸がんについての情報が耳に
入っていたと思います。ワクチンを接種した人は、私の周りにも何人かいます。
そのワクチンが不足している状況は困りますね。まだまだ全国では、ワクチン接種を
考えている人もいると思います。素早い対応を希望したいですね。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社
国際ジャーナル

月刊 「みずほ」と「さくら」

3月12日に迫った吸収新幹線鹿児島ルート前線開業で、山陽新幹線と直通する
「みずほ」「さくら」として使用される新型車両の製造が急ピッチで進んでいる
そうです。
車体の骨組みにアルミ合金の板が約60枚張り付けるという作業が行われていて、
先頭車両の長い鼻が3月8日の新聞で姿を現していました。
今後は床下の配線を行って、水色の塗装して仕上げるということです。
新幹線の開業を楽しみにしている人も多いでしょう。また、子供たちであれば
「新しい新幹線を見たい」とワクワクしているのではないでしょうか。
今後の「みずほ」と「さくら」の活躍に期待したいですね。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社
国際ジャーナル

国際ジャーナル月刊誌国際通信社 鉄ちゃん

現代画報」の表紙は、栃木県、真岡鉄道を走る蒸気機関車
の写真でした。
 いいですね。蒸気機関車の姿。鉄道ファンにとってはこたえられない風景でし
ょうね。

 鉄ちゃん、鉄道オタク、鉄子などなど、鉄道ファンを示す言葉もずいぶんと浸
透してきましたね。

 鉄道ファンにもいろいろあり、乗ることが好きな乗り鉄、写真を撮ることが好
きな撮り鉄などと、同じ鉄道ファンでもそれぞれ、得意分野があるようです。

 しかし、オタクと言われるだけであって、例えば電車に乗っていても、あるポ
イントに差し掛かった時の車輪とレールとのきしみの音が好き、なんてことがあ
るのですね。その音が聴きたくて乗ったりするとか。
 ものすごいこだわりがあることには感心してしまいます。ほんとに電車が好き
なんだなぁと思います。

 「鉄子の旅」という漫画をちらっとななめ読みしたことがあるのですが、冒頭
見ただけでこれはなかなか面白い、と思いました。
 限られた時間の間にあるローカル線を踏破(乗破?)するため、時刻表を徹底
研究して時には反対方向に乗り換えて時間をやりくりする、なんていう涙ぐまし
い努力が描かれていました。

 これは一度、しっかり読んで鉄道の楽しみを知りたいと思います。
 のんびりした旅、時間のやりくりをするスリリングな旅、どちらも楽しそうで
すね。




報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
報道通信社

月刊・国際ジャーナル 瑛太のお父さん、自殺

ショッキングなニュースといえば、俳優の瑛太さんのお父さんである、永山博文さんが2月16日に首をつって死亡していたニュースではないでしょうか。遺書とみられるメモ書きが見つかっていることから、自殺とみられているそうですが、瑛太さんは去年、歌手の木村カエラさんと結婚して、去年の10月には男の子が誕生したばかりと、幸せの絶頂期のようなものだったでしょうに。瑛太さんは地方で映画の撮影中にこのことを知らされたそうで、撮影をいったん中断し帰京したそう。

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社
国際ジャーナル

月刊・国際ジャーナル 咀嚼力で正答率UPするんだとか

昔から、食べ物をよく噛んで食べることは、消化を促進させる効果やダイエット効果による肥満予防になるといわれてきましたよね。最近、その咀嚼の研究が進んだそうで、噛むことと脳の働きの関係も研究され、さらによく噛むことが薦められているようです。なんでも、よく噛んで食べると脳の働きがよくなり、正答率が15%もUPするのだとか。勉強をするときにガムをかんだら、効果的なのかもしれませんね~!受験生の皆さんはとくに、食べ物をよく噛むように心がけてみてはいかがでしょうか。

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル
国際通信社

国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報 バイクの駐車場不足

バイクを愛用している人は多くいると思うのですが、大阪市ではオートバイの
駐車場が慢性的に不足する状態が続いているそうです。
改正駐車場法が4年前に施行されるまで、集客施設などにバイクの駐車場設置が
義務付けられていなかったことが背景にあるということです。
私が住む近所に大手スーパーがあるのですが、駐車場、駐輪場は幅広く場所を
確保されているのですが、バイクを駐車する場所がなかなか広く確保されていない
ようで、バイクで買い物に来た人は不便な思いをしているようです。
世の中には車と自転車だけではなく、バイクで移動する人も多くいるので
もう少し考えたほうがいいかもしれませんね。多くの人が気持ちよく利用できる
場所でありたいと思いませんか?


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報
報道通信社

国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報 スカイツリー、世界一に到達!

東京スカイツリー、今朝の時点では594メートル、午前11時15分に596メー
トル、

午後1時7分に600メートル、そして2011年3月1日の午後1時29分、

高さ601メートルに達しました。

これで、中国広東省の600メートルの広州タワーを抜きましたので、自立式電波塔
として

世界最高に君臨です。

2008年7月の着工から約2年半の月日が流れ、ついに目標としていた世界一の座


東京スカイツリーはやっと就いたのですね。




現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社
国際ジャーナル

月刊誌国際ジャーナル 塩分を取りすぎると・・・

食塩を多く接種する人ほど、年齢を重ねてから身の回りの動作に介助が必要になる危険性が高いことが、
厚生労働省の研究班の調査でわかったのだそうです。
食塩の摂取量と介助の必要性の関係を明らかにした研究は、初めてだそうです。

1980年の国民栄養調査を基に、心血管の疾病や高血圧の既往症がない当時52~64歳の男女1510人に
ついて、食塩摂取量を推定した上で、14年後の生活動作を調査しました。
「排泄」「衣服の着脱」「入浴」「食事」「歩行」のいずれかが、1人でできない場合を「介助が必要」
として分析しました。
1日平均の食塩摂取量は、男性16.6グラム、女性13.9グラムだったそうです。介助が必要になった人は53
人おり、1日の食塩摂取量が男性5.7グラム、女性4.5グラム増えるごとに介助が必要となる危険性は25パ
ーセントずつ増したそうです。

また、野菜などに含まれるカリウムを多く接種するほど、日常動作の悪化を防ぐ効果があったようです。
ある医大教授は「外食や加工食品から知らないうちに食塩を接種している。意識して減らすことが
生活の質を維持するために大切だ」と話していました。

「塩分の取りすぎはよくない」ということは、以前からテレビや新聞を通じて聞いたことがあります。
今回、新聞で要介助の危険性が高まることを知ったのですが、現代は食べ物が豊富に売られており
「美味しそう」と思っただけでついつい購入してしまいます。しかし、その食べ物に塩分が多く入って
いる可能性もあるわけです。決して食べてはいけないというものではないでしょう。ですが、食生活の
リズムを見直す必要があるかもしれません。年齢を重ねても元気で健康でありたいものです。




国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社
国際ジャーナル

国際通信社・月刊 コンビニ戦争

国際ジャーナル



「“個店力”がモノを言う

   コンビニ戦争は第二ピリオドへ」




私の記憶では・・・



初めて目にしたコンビニはセブンイレブン。

朝7時から夜11時まで営業しているという事と、年中無休が大変ありがたいコンビニでした。

昔は、商店街は遅くても8時には閉まるし、年始なんて7日にならないとお店が開かないのが普通でしたからね。



それから、私の住む街の商店街には至る所にコンビニがオープンし、そして24時間営業に・・・



現在、コンビニでは最低限の品は何でも揃う。

そして365日24時間、いつでも営業。

生活は便利になりましたが、この不況なご時世にコンビニで

原価で買い物をする人は、少なくなってきているのではないでしょうか。



私もたまにコンビニを利用しますが、購入するのは弁当が中心。

しかし、取り立てて美味しいと感じる弁当はないと思います。



いくら、無添加をうたっていても、所詮工場のライン作業で作られる弁当に温かみはなし。

ライン作業での弁当作りが、どのようなものか知ってますか?

指揮者が時間を気にしながら、大声を張り上げ、ラインについた人はひたすら任された料理を盛り付ける。

工場なんて、そんなもんだとは思いながらも派遣で行った時、かなりショックでした。




365に24時間営業でのコンビニが、今後生き残るために展開していく部分は・・・




手作りにこだわる!



これしかないのではないでしょうか(笑)

私としては、コンビニと弁当屋さんが合体したら最高だな♪って思います!

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報
報道通信社

国際通信社・月刊 こどもきっぷ

新聞に載っていた記事からですが、JR西日本の駅員や車掌の有志が手作りした
切符が人気を集めているようです。その切符は、駅や列車内で幼児に配る
「こどもきっぷ」というものだそうです。電車に乗る楽しさを幼い子どもたちにも
知ってもらおうと3年前に山口県の小さな駅で始まった取り組みなんだそうです。
新聞に載っていた写真を見ると、手作り感あふれる素敵な切符でした。
私が子供なら、心から喜ぶような切符です。きっと、多くの子供たちも喜んでいる
ことでしょう。子供たちに幅広く興味を持ってもらうという取り組みはすばらしい
と思います。電車だけではなく、地域ぐるみで子供が喜ぶような、興味を持つような
イベントをどんどん増やしていただきたいですね。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社
報道通信社

ビジネス月刊誌は国際ジャーナル 語学学校のビルが倒壊

2月22日、ニュージーランド南東クラスイトチャーチ市で地震がおきました。
日に日に詳しい状況が分かってきているように思うのですが、日本人の多数も
被害に遭っているようです。特に、テレビで報道されているのが語学学校での
被害です。やはり日本人の安否が非常に気になるところです。
そして2月24日に、この語学学校が入居するビル倒壊現場の捜索で、これまで
計47人の遺体を発見したと発表されたのです。
非常につらいですね。「震災」に関しては、以前に雑誌「現代画報」にも載っていた
ように思うのですが、天災はあっという間に人の命を奪い、人の人生を変えてしまう
のです。本当に恐ろしいものだと感じています。
現在、行方不明だと報道されている人たちが無事に救助されることを祈っています。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社
現代画報

月刊・報道ニッポン・国際ジャーナル 全国初の介護マーク

みなさんは「介護マーク」をご存知でしょうか。
私も知らなかったのですが、このマークを全国初で静岡県が制定したそうです。
認知症患者の介護で異性のトイレに入るときなどに誤解されないようにと、
「介護マーク」を策定したのです。「介護中」と書かれたマークで、介護中を
示すマークを作ったのは全国で初だといいます。認知症患者を介護する家族から
「一見して介護していると分かるようにしてほしい」という意見が出ていたそう
です。「介護」に関しては、以前に国際通信社から発行されている雑誌にも載って
いたと記憶しているのですが、外出していても介護が必要な人はたくさんいます。
その姿を、いいように見ない人が信じられないのですが・・・。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報
報道通信社

国際ジャーナル|月刊誌 東京都知事選に立候補

4月10日投開票の東京都知事選。テレビや新聞でも大きく取り上げられています。
2月15日には、外食大手「ワタミ」の前会長である渡辺美樹さんが無所属で立候補
することを正式に表明したのです。この件に関しては15日の朝からテレビでかなり
報道されていました。渡辺さんは会長職を辞任して立候補したようです。
東京ではない地域でも話題が集まっているのではないでしょうか。
今後、どのような候補者が出揃うのか分かりませんが、注目を集めるのは間違いない
かもしれませんね。どの人が当選しても、明るい国づくりに協力していただきたい
ものですね。つまり「景気対策」だと思うのですが・・・。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報
報道通信社

現代画報・月刊・国際ジャーナル つぶやきへつぶやく



ツイッターツイッターって最近ようやくアチコチで耳にするようになりましたね。国際ジャーナル最新号でも取り上げていて、おお ついに来た来たと思いました。自分はアカウントも持ってないし、そんなに強い関心はないのですが、Twitterアカウントの検索サイトを覗いてみたら、有名人が結構つぶやいてますね!中にはアンタこんなんやってる暇あるの?って人もいて、でもそういう忙しい人だからこその息抜きなのかもしれません。「へえええ」と思ってログを眺めました。ちょっと、いやかなり入りづらい雰囲気です。流れの速い、レスへの強迫観念が薄い、だだ漏れ状態のチャットみたいに見えます。有名人と違ってつぶやきにくる人が少ない一般人のホーム(自分のツイッターサイト)は、友達とメールで待ち合わせして話す、そんな使い方をしてるんでしょうか。
政界では、オバマ大統領が利用していることで有名だし、鳩山さんもやってますね。どれぐらいフォロワーがいるのかなと思ったら、26万人を越えてて、この数字は多いのか少ないのかよく分かりません(苦笑)。ツイッターの国内ユーザーの7割が男性、30代から40代がその内の
4割を占めているそうです。20代から30代が2割に満たないという現象は面白いですね。中年男に人気ってことか。
ビジネスにどこまで活用できるんでしょうか。あのシンプルで文字だらけの、フォローしてないと分かりにくい画面に魅力を感じるのは、やっぱり一部のユーザーに限られるような気がしますけど。





現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社
報道ニッポン

国際通信社・月刊誌 キャンプに賭ける思いとは?

2月になるとプロ野球もキャンプが始まりますが、原辰徳監督にとっては、
今年のシーズンをどのように戦うのか、いろいろと考えているのではないか
と思います。宮崎キャンプについては、厳しい生き残りを賭けたキャンプに
なるのではないでしょうか。今年の巨人のスローガンは「原点」です。いずれの
チームも、その目的は勝つことですが、特に前年日本一になった巨人において
も、今年は新たなチャレンジという気持ちで進めていくと思います。チーム内の
ポジション争いについても、去年以上に激しくなるでしょう。
いままでの結果におごることなく戦う姿勢を見せる原監督には共感しま
す。ファンにとっては、結果だけなら昨年以上のものはないかもしれませんが、
去年活躍した主力選手が、今年も活躍できるのかどうか、これはやってみないと
わからないところもあります。まさに新たな戦いの始まり、それが宮崎キャンプ
の始まりだと思います。国際ジャーナルで政治の話なんかを読むのも楽しいです
が、プロ野球についてあれこれ語るのも、楽しいものがあります。いまからシー
ズンが楽しみですね。







大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社
国際ジャーナル

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゲームに出現する暗号 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。