スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊誌 報道通信社 現代画報 東京電力に対する近頃の動向

東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、いろいろな動きが起きています
が、各地で放射線を測定する線量計などを備える動きが広がっており、 線量計
が品薄になっている状況です。また、東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴
う損害賠償について、東京電力の賠償金の支払いを支援する前提 として、東京
電力の取り引き金融機関が債権放棄をすべきだという意見が政府内から上がって
いますが、この問題についてはまだ結論はでていない様で す。



国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社
現代画報
スポンサーサイト

国際通信社 国際ジャーナルとは 福島第1、山側の鉄塔が倒壊してたわけ

東京電力福島第1原発事故で、原発と変電所を結ぶ鉄塔が

倒壊していたそうです。



東電は、地震そのものではなく、土砂崩れで倒壊したとして、

耐震性上は十分だったとの見方を強調していますが、

土砂崩れをおこしたもの、震災の影響ですよね?

なので、土砂崩れは想定内のことであるはず。

土砂崩れも、津波もすべてもが想定がとでも言いたいのでしょうか・・・



結局、土砂崩れのおこり得る場所に原発を設置したのですから、

土砂崩れというのがいい訳になるのはおかしいです。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
報道通信社
現代画報

電話で取材 国際ジャーナル 北朝鮮、5~7月の配給停止だが。。

北朝鮮が平壌駐在の世界食糧計画、通称WFPに「5~7月の3カ月間は、

配給を止めざるを得ない」と伝えていたそうです。



1日当たり国民1人590グラムの穀物類配給を、北朝鮮は目指している

のですが、WFP関係者によりますと、昨年度の配給は平均376グラムで、

今年4月は平均190グラムにとどまっている。



しかし、配給にはお金が捻出できなくても軍事には多額のお金を使ってしまう

とは、おかしな国ですよね北朝鮮は・・・




国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
iceland.bex.jp
太陽光発電

ザヒューマンのテレビ取材 木村多江さんが衝突事故に

新聞で知ったのですが、女優の木村多江さんが東京都内でタクシーに乗っていた
ところ、衝突事故に遭ったそうです。この事故で首に軽いけがを負ったということ
が5月19日に警察の取材で分かったそうなのです。
事故が起きた現場は信号のない交差点で、警察は双方の安全確認が不十分で
出会い頭に衝突したとみているようです。
命に別状がなくて安心しましたが、事故がおこらないよう、車や自転車を頻繁に
利用するという人は、細かな注意まで必要になってくるのではないでしょうか。
「自転車だから」という考えでは、必ず事故が起こります。
事故が起きてからでは遅いのです。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル インターネットクチコミは詐欺?クチコミの判断法
国際ジャーナルで扱う詐欺問題

国際通信社 報道通信社 報道ニッポンとは 震災の影響で、ひったくり急増

東日本大震災直後から、東京都内で空き巣が減少する一方で、

ひったくり事件が急増し、2カ月で約330件に上っていることがわかりました。



計画停電や節電の影響で、街灯が消えて暗がりが増えていることも関係しているよう
ですが、

被災者支援の募金箱を盗むなどの悪質な犯罪は後も絶たないとのこと。



反対に、空き巣などの侵入盗は減少傾向。

これは自粛ムードなどで留守宅が減った上に、地震や東京電力福島第1原発事故でを
うけ、

外国人窃盗グループなどが相次いで帰国している影響があるとみられています。










国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルに出現
ROD

国際通信社 報道通信社 報道ニッポンとは 新ボーカルが決定

今年の3月に脱退したバンド「JAYWALK]の中村耕一さんに代わる
新ボーカルが決定したそうなのです。新ボーカルの男性はバンド結成年に生まれた
31歳だそうです。
脱退した中村さんは、覚せい剤取締法違反などで懲役2年、執行猶予4年の判決を
受けました。薬物に関する記事が、以前に雑誌「現代画報」にも載っていたよう
に思うのですが、薬物に手を出すと何もかも失ってしまう・・・ということを
テレビの特別番組で聞いたことがあります。
今後、新ボーカルがお披露目されて、「JAYWALK」はどのような音楽を
多くの人に聴かせてくれるのでしょうか。
楽しみですね。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル
国際ジャーナル紀行

太陽光発電 国際ジャーナル 電力 ONE PIECE、中国の新聞で連載決定!

アニメ、「ONE PIECE」といえば今世界中でヒットのマンガといわれちゃっているようですが、中国でも大人気だそう。そしてその「ONE PIECE」が、なんと中国の新聞で連載されることが決定したのだそうですよ~。ちなみに、「ONE PIECE」の中国語の表記は、海賊王だって!そのまんまだ~!

ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
報道通信社

節電対策 国際通信社 国家公務員給与10%カットになるそう

国家公務員給与について、2013年度まで1割カットを基本にすると、

片山善博総務相が閣議後会見で述べました。

バブルの時代は給料があがらず、そんな給料でよくやっているなぁと、

周りから言われつつも働き続けていたのに、不景気になると公務員の

給料を減らせと言われる。



そして今回、震災の影響をうけてでしょうか・・・



しかし、超勤手当も満額でない公務員の減給より、議員削減や政府の

報酬全面カットの方が、先ではないでしょうかね?


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル
国際通信社

ビジネスシーンにザ・ヒューマン オセロの松嶋さんが復帰

新聞にも載っていたのですが、お笑いコンビのオセロの2人が体調不良のために
休養されていました。松嶋尚美さんは、妊娠に伴う体調不良ということだったそうです。
が、体調が良くなったのでしょうか。約1か月ぶりに松嶋さんが復帰されるそうです。
医師の許可が出たということで復帰するそうですが、あまり無理しないように
体調と相談しながら少しずつ仕事をしていただきたいですね。
以前に雑誌「現代画報」にも「妊娠」に関する記事が載っていたように記憶しています。
どうか赤ちゃんのために無理しないでほしいですね。
そして相方の中島知子さんはまだ体調不良で休養しているそうで、復帰時期は未定だ
ということなのです。お大事にしてほしいですね。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポンで楽しむ
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際ジャーナルの投稿サイト

ビジネスに必須アイテム 国際ジャーナル スティーブンタイラーさんの壮絶人生

アメリカのロックバンド、エアロスミスといえば、ロック界では知らない人はいないというくらい有名なバンドですよねえ。そのエアロスミスのボーカルで、ハリウッド女優リヴ・タイラーさんのお父さんである、ボーカルのスティーヴン・タイラーさんがアメリカの有名な音楽誌『ローリング・ストーン』のインタビューで、壮絶な内容を語ったようです。なんでもタイラーさんはC型肝炎にかかり、喉や足の病気になり、薬物にハマり、離婚したことと母親と死別したことで、心身ともにボロボロの状態だったのだとか!しかもエアロスミスのメンバーが、ボーカルをレニー・クラヴィッツかポール・ロジャースに変えるといわれ、タイラーさんもレッド・ツェッペリンに加入する寸前だったそうですよ~!知らなかった~!

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル 通信
国際ジャーナルに出現

国際ジャーナルのビジネスパーソン 福島県内の学校の年間積算試算発表

政府が、1日8時間を屋外で過ごすなどの条件で、上限値から逆算し、

毎時3.8マイクロシーベルトを基準値としましたが、今回、生活の

実情や放射能の半減期を考慮したということで、屋外活動を2時間に

短縮した時の試算をだしました。



福島県内の学校などで屋外活動を制限する放射線量の基準値、実際に

生徒の生活パターンにかえ積算すると、1年間で9.99ミリシーベルト

になるという試算結果を発表しました。



福島県だけでなく、東日本全体で放射線量の測定をきちんと発表する

べきではないでしょうか・・・


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社
国際ジャーナル

月刊国際ジャーナルの取材で 2014年までの移設断念、普天間基地

沖縄のアメリカ軍普天間飛行場移設問題ですが、沖縄県内での移設をめぐり

地元の合意形成は難航している状況では、移設作業を14年までに終えるのは

極めて困難だと判断し、日米両政府で2006年5月に合意していた、

「移設を2014年までに完成させる」という期限の断念を決めたそうです

基地問題は白紙撤回をして、現状維持ということになるのでしょうか・・・

しかし民主党があんなに騒いでいた普天間基地問題、いったいなんだったので

しょうか。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道ニッポン
現代画報社

月刊国際ジャーナルの取材で 原発停止後も地元へ交付金は大幅減しないそう

細野豪志首相補佐官ですが、中部電力浜岡原子力発電所が全面停止した

場合の地元自治体への交付金について会見をしました。



そこで、国の事情で交付金が極端に減ることがあってはならないという

考えを示し、理由については、国の事情で発電量が減った場合、約8割

の交付金を確保するという仕組みになっているために加え、今回の場合、

政治判断で行われた意味合いが小さくないことを踏まえ、特殊事情として

最大限、配慮されるべきだと述べていました。




国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル
現代画報

報道ニッポンの取材 台風1号

5月の10日と11日は、私の住んでいる地域ではかなりの雨が降りました。
みなさんの住んでいる地域ではいかがだったでしょうか。
11日にテレビの天気予報を見ていると、台風1号が近づいてきているとの
ことで大変驚きました。「もうこの時期に台風が発生するのか」と。
この台風1号は11日の正午ごろに、那覇市の西南西の海上を北北東へ進んだ
そうです。11日の夕方には沖縄本島付近、そして12日未明には九州の南海上
に進むという報道もされていました。
かなりの雨量だったため、通学、通勤にかなりの影響が出たのではないでしょうか。
私の知人には小さなお子さんがいるため、外で遊べず機嫌が悪かったようです。
晴れの日に外で遊ぶには最適な気候の時期なのに、非常に残念ですね。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
報道ニッポン
現代画報社

月刊誌現代画報から 扇風機の売り上げが昨年比460%

福島第1原発事故、そして浜岡原発全面停止決定などの影響で、

日本列島の節電モードが非常に高まっていて、

扇風機が節電対策商品として人気となっていて、家電量販店

「ヤマダ電機」は、昨と比べ460%と驚異的な売り上げを

あげています。



扇風機というと1973年度をピークに、出荷台数の減少傾向が

みられていましたが、今年はエアコンにかわる夏の主役となるの

でしょうか。



室内に気流をつくる扇風機は、夏場だけでなく冬場でも活用できる

と言われていますので、年間を通して有効利用をしたいですね。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道ニッポン
現代画報社

月刊誌国際ジャーナルの国際通信社 海や魚介類、放射性物質調査拡大させる

福島原子力発電所事故対策統合本部、海水中の放射性物質や魚介類への影響につい
て、

調査の大幅拡充を決めました。



海水の採取については、現48地点から105地点へと倍増し、魚介類の調査対象に

沿岸だけではなく、回遊魚にも範囲を広げ、漁期が続く12月まで行うそうです。



これ以上、悲しい調査結果にはなってほしくはありませんが、海がの放射性物質に

汚染されていることは間違いない。

的確な調査で、敏速な判断をお願いしたいですね。




ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
報道ニッポン
現代画報社

報道通信社の報道ニッポン 今の時代に求められている経営姿勢とは

春を迎えて、日本経済の行方もこれからが正念場になってきていると思います。
報道ニッポンなどマスコミにおいても、経済の先行きについては、とても重要な
テーマになっていると思います。このような時代において、経営者に求められる
素質とはどのようなことなんでしょうか。まずは厳しい状況でも自分の判断で意
思決定できるかどうかだと思います。極めて難しい決断を求められるのが今の時
代の経営者です。どちらを向いても難しい話ばかりです。そのようなさまざまな
リスクが潜む中で、どう決断し、それを実行していくのかというのが大切なとこ
ろになります。自社の今後を大きく左右するギリギリの判断が次々に求められて
きます。ですから、これからの経営者の役割については、今までとはまったく違
うものになってきているのかもしれません。特に、現在の日本経済の様に成長が
鈍化して、右肩上がりの前提がなくなった場合はそうだと思います。今までの成
功体験を元にしては、もはや成長することができないかもしれません。経営が極
めて難しい状況下において、このグローバルな社会でどう戦っていくのか、これ
からの経営者はまさに死に物狂いでの戦いが必要になってきているのではないか
と思います。







現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道ニッポン
現代画報社

ザヒューマンにて 日本の農業。

 現代画報の2010年4月号の巻頭特集が「若者を魅了する農業を目指せ!」であった。日本の食料自給率は40パーセント。随分前から言われていることで、輸入に頼りすぎの現在を不安視する声もずっと聞いている。しかし狂牛病などから始まり、中国の輸入食材でのトラブルなどが相次ぎ、輸入食材に対する不安も広がっている。国内産の無農薬のものだけを食べる、などというのは本当に豊かな人だけで、理想とはしていても実際はコストの問題などで買えないという人も多い。
 政府も様々な政策を打ち出して食料自給率を上げようと努力しているが、実際はほとんど変わっていない状況である。その理由の一端には農業における深刻な後継者不足が背景にあるということだ。私は北海道に住んでいるので、近所でも畑をやっている人が多い。農業や畜産業を生業にしている方も多くいる。しかし、やはり大変だという話はよく聞く。婚活ビジネスをやっている知り合いが最近農業をやっている男性と札幌などの都市部に住んでいる女性を結び付けようと奔走している。やはり農業に従事する男性のところに嫁ごうという女性は少なく、子供もいないから結局一代で終わってしまったりするようだ。
 確かに農業はきつい。こういったところに公的資金が注入され、きついけど、豊かな生活ができるということがわかれば、若者もどんどん農業に就農するのではないだろうか。私ももう少しして雪がとけたら、裏庭の畑を耕そう。

21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
報道通信社
現代画報

国際通信社の国際ジャーナルとは 学校での教諭の行動

私が小学生の時代と違って、学校での教諭の行動が問題になり、保護者がクレームをつけると
いう場面がよくあるようです。テレビでもこれをテーマにしたものがドラマ化されたり、番組
でも取り上げられていたように思います。雑誌「現代画報」でも、教育の場についての話が紹
介されていたように思います。
教諭も人間なのであまり強いことは言えませんが、ただ、児童に対して感情的になってはいけ
ないのではないでしょうか。教諭という仕事は非常に大変かもしれません。
が、保護者から預かる大事な児童です。その児童を大切に扱えとは言いません。
私は、教諭に児童に対しての注意の方法をもっと学ばなければならないのではと思っています。




「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
報道ニッポン
現代画報社

国際通信社の国際ジャーナルとは いかにして新しいビジネスチャンスを作り出すのか?

ビジネスにおいて将来のことを予測するためにはどうすればよいのか、時々考え
ることがあります。国際ジャーナルでも、ビジネスの予測やトレンドについては
よく書かれていると思います。参考にする場合もあります。単に他のまねをしよ
うとするのではなく、実際に自分でアクションを起こし、その結果を自分の頭で
考えてみるというプロセスが大事ではないかと思います。自分自身の得意なパ
ターンを作るのがなによりだと思います。そのほかに重要なことはなんでしょう
か。ほかにもいろいろあると思います。たとえば顧客のニーズです。顧客の将来
ニーズは、まだ見えてきていないケースが多くあります。しかし、そのニーズを
見つけることが、ビジネスチャンスを生む事になるのかもしれません。これは最
近はやっている商品でもそうだと思います。ですから、従来のニーズにとらわれ
ることなく、自分自身で新しいニーズを見つけるための行動がとても大事なのか
もしれませんね。何事も、やってみなければ分からないというのが鉄則ですか
ら、まずはチャレンジするべきかなと思います。そのチャレンジの結果から得た
気づきをベースにして、新しいビジネスを展開できればとてもいいのではないか
と思います。







国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル
国際通信社

ザ・ヒューマン 経営者 肌で感じ取れない景気の持ち直し

国際通信社から発行されている雑誌には「不景気」に関する記事が様々な内容で取り上げられて
いるように思います。私が今、生活をしている上で「景気が持ち直している」とは感じ取ること
ができません。まだまだ厳しい状況が続いていて、生活にも支障が出ている状態なのです。
私と同じ考えの人はまだまだ多いのではないでしょうか。
生活に支障が出ているからこそ、低価格のものに目がいくのは当然のことです。今、スーパーや
飲食店などで「低価格」を売りにしているところが多いように思います。
それだけを求めて買い物に行くことが習慣になりました。いつになれば、肌で感じ取れるほどに
生活が改善するのでしょうか。




日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報
報道通信社

ザ・ヒューマン 経営者 約肉集団食中毒事件、卸業者100%使用可能だと

焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」でおこった集団食中毒事件。

卸売業者の大和屋商店は、焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」を経営している

フーズ・フォーラス社に、メールでユッケ用生肉の販売を提案し、最終的に2ヶ月

後から取引が開始されました。



そのメールではユッケ用生肉のにくについて、使用可能な部分の割合は約100%と

伝えられ、フーズ・フォーラス社側はそのメールの内容から、仕入れ肉は表面を削り
取る

「トリミング」が不要と判断していたそうです。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポン
国際ジャーナル

東京国際ジャーナル 川勝静岡知事、おかしいな発言ですね

菅直人首相が中部電力に対し、浜岡原発の全原子炉の停止を要請した件について、

静岡県の川勝平太知事はが「ご英断に敬意を表します」とするコメントしました。



しかし、地元経済に対する影響も、適切に対応してもらわないとならないとと・・・



原子炉の稼働停止に伴う交付金や税の減収など、地元自治体財政への影響について、

停止は国が決めたことだから、そこで生ずる結果には、当然、国が対応して

もらわなければならないと強調をしていました。



結局、お金が欲しいのですよね?



ものすごく矛盾を感じる、川勝平太知事で発言だと感じました。






日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社
報道ニッポン

国際通信社より 中小企業におけるIT利用の傾向

中小企業においても、最近ではITによる業務改革が普通になってきています。
国際ジャーナルでも、この点については分析をしてもらいたいところです。中小
企業において、最も情報共有が必要なのは、その社長さんですが、結構外出して
いることが多いのではないでしょうか。また、パソコンに慣れていない社長も多
いことが予想されます。そこがグループウエアなどのIT活用が進んでいかない
原因になっているそうです。また会社規模が小さくて、社長の目が届きやすい時
は、グループウエアのスケジュール管理などはあまり必要性がありません。それ
よりも営業関連に対する必要性が高いかもしれません。このような状況に対し
て、最近のIT各社では、携帯電話やスマートフォンを活用したサービスを開始
しているみたいです。たとえばスマートフォンですが、パソコンと違ってキー
ボードがなくても操作できる事が優れています。また、携帯電話よりは画面が大
きく操作しやすいのも特長です。中小企業の社長にとっては、使いやすいのかも
しれませんね。外出の多い社長であっても、スマートフォンを使えれば、場所を
選ぶ事もありませんから、これは有利かもしれません。これからは中小企業で
も、このようなITツールが流行するかもしれません。







大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社
現代画報

国際ジャーナル・報道ニッポン .受刑者が義援金、2156万円を寄付

東日本大震災の義援金が、全国の受刑者約2800人からありました。

総額、約2156万円です。



法務省の報告では、施設側からの働き掛けはしておらず、

収容者の自発的な意思に基づくものとのこと。

そして、義援金を送ったかで処遇に差をつけることはありえない

と述べています。



義援金ですが、千葉刑務所231万円、横浜刑務所226万円、

京都刑務所210万円などなど…

受刑者は、所持金や作業報奨金から支出したそうですね。 



受刑者であれども震災に対し義捐金を送りたくなるというのに、

被災地では詐欺や窃盗がおこなわれているとは、とても悲しいです。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
報道通信社
現代画報

国際ジャーナル・報道ニッポン 鳩山、菅降ろし勉強会

鳩山前首相などが菅政権に批判的な同党議員を集め、東日本大震災への政権の対応を

検証することなどを目的とした勉強会を開催しました。



「震災に対応できる連立政権に向けた総調和の会」



これを発足させ、国会内で初会合を開いたそうです。
いよいよ、民主党内で「菅降ろし」がいよいよ公然化したということになるのでしょ
うか。



参加者は小沢一郎元代表に近い議員を中心とした約60人。

そひて鳩山氏は、顧問に就任したそうです。



しかし、いくら勉強しても民主党では・・・って思っています。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル
現代画報

ザ・ヒューマン 日本には放射性廃棄物最終処分場がない!

フィンランドは、10万年の耐久性を持つという、放射性廃棄物最終処分場「オンカ
ロ」の建設をはじめています。

青森県六ケ所村は放射性廃棄物一時保管場所なので、放射性廃棄物最終処分場ではな
いそうです。

ところが

日本には、放射性廃棄物最終処分場がないんです!



なのに原発の安全性だけを主張し、次から次へと原発の設置を進めていたとは・・・

メリットの裏に大きなデメリットを抱えている、それが原発であることがわかりまし
た。

国民はもっと原発のことを、学ぶべきではないでしょうか。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポン
現代画報社

ザ・ヒューマン 上を向いて歩こう

ここ最近、テレビコマーシャルや歌番組などで流れている曲が「上を向いて歩こう」
ではないでしょうか。多くの人が知っている曲だと思います。
日本で学ぶ中国人留学生が出演する東日本大震災の被災地支援チャリティーコンサート
が4月16日に大阪市中央区で開かれたそうです。
歌やダンス、そして打楽器の演奏に約200人の観客が聞き入ったそうです。
コンサートの最後には「会場の思いが被災地に届くように」と願って、全員で
「上を向いて歩こう」を合唱したということです。
この曲で、多くの人が元気づけられるような気がします。
私は、今回の地震で被災していません。が、この曲を耳にするとやはり元気づけられる
のです。みなさんは、いかがでしょうか。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
現代画報社
報道ニッポン

報道通信社 節電対策で、西日本行きを提案した政府

政府が、とんでもない案を提案していましたね。



夏の家庭向け節電対策の一例として、「電力需要ピーク期の西日本などへの家族旅
行」と

上げていました。



その後、西日本という地域名は削除し、「家族旅行」に変更していたそうですが、

これは政府自らが、東北や関東への旅行はいかない方がいいと、言っているようなも


ではないでしょうか・・・



しかし旅行に行ってまで、節電に協力しないとダメですか?

ならば、子ども手当ならぬ、旅行手当の支給をお願いしますね。




国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報
報道通信社

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゲームに出現する暗号 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。