スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル バイオブラ買っちゃう?!

みなさん、今話題のバイオブラ、もうご覧になったでしょうか?バイオブラって初めて聞いた方は、なんだかすっごいブラジャーを想像してしまいません?バイオブラは、モデル兼美乳研究家の原志保さんが愛用しているブラで、バストアップして美乳になれるんだとか。バイオブラの値段は2万4千円くらい出すが、夏に向けて買ってみようかなあって思われてしまった方も多いのでは?持っている方の口コミなどを参考に、ちょっと高い出費を覚悟で購入してみるのも自分への投資ってやつかもしれませんね。

ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報
報道通信社
スポンサーサイト

月刊ザヒューマン 新東電社長にが決定、そして赤字1・5兆

東京電力の清水正孝社長が原発事故の責任を取り辞任後、後任には

築舘勝利常任監査役が充たるようです。



2011年3月期連結決算では、東日本大震災による福島第一原子力

発電所の事故などで、税引き後利益が東電として過去最大となる、

1・5兆円規模の赤字となることがわかりました。



巨額の赤字となった決算、資産売却などのリストラ策を20日の午後に

発表するようですが、まだ国民が納得できる、十分なリストラとはいえ

ません。

それにまだ保養所を手放していなかったのですか・・・対応が遅すぎます。




国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社
報道ニッポン

国際ジャーナルはビジネス誌 各地の原発の安全確認が急務となっている

未曾有の地震と津波によって被害を受けた福島の原発ですが、日本各地の原発に
対する安全性の再確認が必要となっています。静岡県の浜岡原発につい ては、
菅首相の要請によって、津波への対策が完了するまでは運転を停止するという事
になりました。浜岡原発については、東海地震の危険性が再三指 摘されてお
り、この運転停止についての意見も色々とありますが、国民の安全という観点か
らは、菅首相の判断を評価するべきではないかと思います。



現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道ニッポン
現代画報社

国際ジャーナルのニュース 停電中に10代女性に乱暴した男再逮捕

盛岡駅西通の元明治安田生命社員松永享容疑者、東本大震災余震の最中、

停電中に盛岡市の住宅に侵入し10代の女性に乱暴、その上、現金4万円

を盗んだとして逮捕されました。



また松永容疑者のDNA鑑定結果、2005年3月に東京都武蔵野市で起きた

女性乱暴事件の現場に残っていたのもと一致したそうです。



震災の中どさくさにまぎれて、犯行に及ぶとは人間として最低だと思います。

このような人は、社会復帰して欲しくないですね。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道ニッポン
現代画報社

国際ジャーナル 月刊誌 商談会を活用した輸出拡大

日本の食品の対中輸出について、これからどうなるでしょうか。今行われている
制限や措置を緩和する用意があると、中国サイドでは発言がでていま す。日本
の農産物などへの輸入規制を、今後は緩和される見通しが立っています。中国に
対しては、大規模な商談会なども予定されていますから、日本 の被災地の商品
をそこで売り込んではどうでしょうか。日本政府も最大限に協力して、これから
は中国への輸出拡大を図ってほしいところです。





国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社
報道ニッポン

ザヒューマン雑誌 汚泥の利用が再開されます

福島県などで、下水処理施設の汚泥から放射性物質が検出され問題に

なっていました。

この汚泥、放射能濃度が比較的低い汚泥をセメントの材料に利用する

方向で、来週にでも複数のセメント業者が引き取りを再開するそうです。



セメント製品の安全性を確認しながら汚泥の利用を拡大するそうですが、

最近、放射性物質にマヒしていませんか?



“低濃度ならばいい”という、考えそのものがま間違っている気がします。

そのような考えだから、海に放出を検討してしまうのではないでしょうか・・・


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
yahoogoogleseo.awe.jp
現代画報 クリックジャックという名の詐欺 現代画報社

報道ニッポン現代画報報道通信社 石川遼が無免許運転?!

石川遼が無免許運転というニュース、みなさんご覧になりました?!びっくりでしたよね~!なんでも、アメリカ遠征中に運転免許を取ったみたいですが、国際免許では日本では運転してはいけなかったのだとか。知らなかったのかなあ、石川遼くん。パーフェクトな彼ですから、たまにはこういうこともあるのでしょうね。わざとではないのですから、あまり騒がずに流してあげたいニュースかも。本人もきっと、かなり焦ったのではないでしょうか?

ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報 ベッドからの取材 現代画報社
報道通信社の取材

国際通信社 コマンドマガジン シックスクール症候群

「化学物質が原因で」と聞くと、安心して子供を通学させることができるでしょうか。

工事をする前に、対処方法は考えなかったのかと不思議でなりません。学校は多くの子供を
親から信頼されて預かっているのです。学校側で行っていた事が原因で、自分の子供が何か
の影響を受けた場合、親ならばどう思うでしょうか。校舎の老朽化の対策が、子供がいる
時間帯に必要だったのかどうか分りませんが、子供の体のことも考える必要があったかもし
れません。




大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-2529(代表)
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
報道通信社

国際ジャーナルとは? 岡本夏生さんが現役引退を否定

タレントの岡本夏生さんが6月14日に、東京都内で行われた映画のイベントに
登場しました。この様子は新聞やテレビでも報道されていました。
岡本さんの姿は、真っ白なハイレグとハイヒールでした。
岡本さんには「現役引退」のうわさが流れていたようですね。テレビで報道
されていました。本人の口から「現役引退はありえない」というコメントが
出ました。いつの時も笑顔で明るい岡本さん。被災地に訪問している様子が
テレビで放送されていましたが、被災者のみなさんが岡本さんと一緒になって
大声で笑っている様子が映っていました。多くの人を楽しませて明るくさせる
岡本さん。今後も多くの人を笑顔にしていただきたいですね。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
経済情報誌 報道ニッポン 2009年7月号のご案内
国際ジャーナルの詐欺に関する記事

国際ジャーナル ゲーム 福島第2原発が汚染水の海放出検討 

東京電力ですが、福島第2原発タービン建屋等にたまっている

放射性汚染水約3000立方メートルを、海へ放出する検討が

はじまったそうです。

地元漁協などへは連絡をしたそうですが、さらなる海の汚染に

批判がでています。



東京電力側は、放出したいと考えている放射性物質の濃度を

調べていて、低レベルの可能性が高いとはいってはいます。

しかし低レベルの可能性だけで、確実に低レベルではないし、

低レベルだからと放出していいものか、疑問に思います。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社
現代画報社

国際ジャーナルのまとめ 故人の笑顔がイラストに

新聞に載っていた記事なのですが、東日本大震災で死亡した人の生前の姿を描いて
遺族に贈るという支援活動が、岩手県の避難所で行われているそうです。
そのイラストは、遺族の心の傷を癒していると新聞に書かれていました。
遺族から故人の性格や口癖、そして思い出話を聞いた後に写真を元に水彩絵の具で
3時間かけて描くのだそうです。1日1人が限定となっているようです。
中には写真が津波で流されてしまったという人もいるかもしれません。イラストで
大切な人の笑顔がもう一度見れるというのは、とても素晴らしい話ではないかと
私は思います。1日1人が限定ということなので自分の順番が回ってくるまで
時間がかかるかもしれませんが、大切な人の笑顔を見れるのであれば多くの人が
待てるかもしれませんね。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社
報道ニッポン

国際ジャーナル・現代画報を確認 マクドナルドの炭酸飲料全サイズ100円に!

マクドナルドの炭酸飲料全サイズが、100円で販売されるそうです。



「炭酸ドリンク オール100円キャンペーン」ということで、今月24日から

全国の店舗で開始はい、実施期間は8月中旬まで。
対象商品は、「コカ・コーラ」「コカ・コーラ ゼロ」「ジンジャーエール」

「ファンタグレープ」「Qooすっきり白ブドウ」。



ドリンク単品購入時に限りということですので、単品のハンバーガーに100円

ドリンクでランチなどいかがでしょうか。




国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
現代画報
報道通信社

ブラックホークとは?国際通信社 インドネシアのネット事情

人口およそ2億3000万人のインドネシアですが、最近では経済成長とともに
購買力のある若い消費者層が急増しているそうです。その結果として、 イン
ターネットを利用する人も増えています。インドネシアにおける通販市場です
が、これから急成長するとしてアメリカの大手ネット企業などが相次 いで参入
していると報道されていますが、楽天も、インドネシアの企業の商品を中心に販
売する事を発表しています。今後の楽天の動向を注目してみた いと思います。



「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道ニッポン
現代画報社

ザヒューマンで読む最新記事 福島第1原発の中央制御室が停電

まだ停電中みたいです・・・かなり心配な状態ではないでしょうか。



東京電力ですが、8日午後2時20分ごろ福島第1原発の1・2号機中央制御室の

照明が停電したと発表。

下人は電源系のトラブルで、詳しいことを調査中だそう。



しかし、原子炉注水は継続しているそうです。

ただし水素爆発を防ぐため続けられている、1号機の原子炉格納容器への窒素注入が

午後2時57分に停止しました。

メルトスル―の噂もありますので、水素爆発だけは回避してほしいです。




国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-2529(代表)
現代画報社
国際通信社

国際通信社のネットのインタビュー記事 発電鍋

たき火でお湯を沸かしながら携帯電話を充電できる「発電鍋」を、茨城県つくば市に
ある研究所と大阪府池田市にあるベンチャー企業が共同開発したそうです。
炎と水の温度差を利用して電気を作り、災害時などの非常用電源として発売される
予定だということです。
3月に起こった東日本大震災。この震災は決して他人事ではありません。いつ自分の身
に起こるかわからないのです。今回の震災から様々なものが開発されているように
思います。電気やガス、水道がでない状況で生活できるような物が開発されたという
ことも以前に新聞で読んだことがあります。
本来であれば、もうつらい思いをするような自然の災害は起きてほしくないのですが。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
報道通信社
現代画報

国際ジャーナルの月刊誌 今後の医療行政の動きについて

社会保障制度の充実を図ることが重要となっていますが、企業が保険料の半分を
負担する厚生年金や被用者保険に非正規労働者が加入しやすくなるよう な改善
が必要です。そのために、要件を緩和することや、年収65万円未満の高齢者に
対して年金の支給額を月額1万6000円加算する事が検討され るそうです。
世帯の年収に応じて医療や介護などにかかる費用の自己負担額の合計に上限を設
けるなどの措置も効果があるかもしれませんね。



国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報の美食探訪を読んで
国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報より

国際通信社のネットのインタビュー記事 もっと国民の立場に立った議論を

菅首相の動向が焦点となっていますが、与野党とも見苦しい状況だと思います。
目先の権力闘争に集中して、これまで否定していた国会会期の大幅延長 や第2
次補正予算案の早期編成を突如持ち出すような事になっています。これでは国民
の信頼を失う結果になってしまうのではないかと思います。特に 首相に求めた
いのは政治にまい進する気迫ではないでしょうか。大震災という未曽有の国難に
あってリーダーとしての信念を持ち、日本の再生に取り組 んでほしいものです。



大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年2月号のご案内 | 国際通信社
ponyo.cute.bz

フェイスブックで国際ジャーナル 金沢の浅野川でアユ大量死でも解禁

金沢市を流れている浅野川で、アユが大量に死んでいる

のが見つかりました。

金沢市田上にある朝霧大橋から下流約6キロにわたり、

大量のアユの死骸が浮かんでいたそうです。



簡易の水質検査では有害物質などの検出がなく、市環境

指導課は原因がわからないと話し、引き続き詳しく検査

をするそうですが、

予定通り16日からアユ釣りが解禁されると・・・



1万匹ものアユの大量死があって、その上原因が解明

していないのに、アユ釣り解禁は非常に不安ではない

でしょうか。






日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社
国際ジャーナル

ブラックホール・月刊・国際通信社 アユの死骸が大量に発見される

新聞に載っていた記事なのですが、金沢市の浅野川で6月14日にアユが大量に
死んでいるのが見つかったのだそうです。市や石川県によると、アユの死骸は
金沢市田上の朝霧大橋から下流約6キロにわたって大量に浮かんでいて、6月
15日までに件作業員らが約1万匹の死骸を回収したそうなのです。
どうしてこのようなことが起きてしまったのでしょうか。
新聞記事には有害物質などは検出されなかったと書かれていました。引き続き
詳しく調査をするということなのですが、恐ろしい出来事ですね。
私が個人的に思ったのは「何か起きるのかな」と勝手に思ってしまいました。
何か原因があってのことだとは思うのですが・・・。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社
報道ニッポン

ビジネス国際ジャーナル 国民の政治に対する怒り

最近の政局については、被災地の人々はもとより、多くの国民はあきれ返り、心
底怒っているのではないかと感じます。永田町の動きに対して国民がう んざり
していると思います。与野党とも国民の厳しい視線を真剣に受け止めて欲しいと
ころです。お互いの政局に対しての思惑をきっぱり捨てて、いま こそ全力で被
災地の救援・復旧と福島原発事故の収束に一致協力してあたってほしいと感じま
す。その点をどれだけの政治家がわかっているか気になる ところです。





ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
太陽光発電
現代画報の飛躍

ザヒューマンとビジネス誌 ポスト菅の動きが始まった

菅内閣に対する不信任決議案の採決に先立って菅総理大臣も考えるところがあっ
たと思いますが、党の代議士会に出席して、「震災に一定のめどがつい た段階
で、私がやるべき一定の役割が果たせた段階で、若い世代の皆さんにいろいろな
責任を引き継いでいただきたい」と述べています。今後の復興に 対して一定の
めどが立った段階で退陣する意向を表明しましたので、これからの政局において
は、ポスト菅の動きが急速に早まってくると思います。



現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルからの誘惑
press-blog.org | 国際ジャーナル | 国際通信社

国際通信社のネットのインタビュー 震災不安でロングステイ急増 

「地震のない所に行きたい」や「子どもを被曝から守りたい」という、

東日本大震災からおこった震災不安が理由で、

国内や海外で長期間滞在し余暇を過ごすロングステイが、60~70代

年配者に加え、乳幼児を持つ母親ら30~40代のファミリー層からの

問い合わせが急増しているそうです。



年代からみると、比較的フットワークの軽い世代と感じました。

ほとんどの人々は生活があるため長期滞在などできず、現状の生活をして

いると思います。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-2529(代表)
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道ニッポン
現代画報社

ザヒューマンとビジネス誌 賞味期限が切れた冷凍シュークリーム

大変驚いた記事が新聞に載っていたのですが、山口県学校給食会が6月13日に、
賞味期限からなんと約4か月が経過した冷凍シュークリーム約240個が山口県
萩市の小中学校に納品されたと発表したのです。
健康被害の報告はないと新聞に書かれていました。
健康被害の報告がないからといって、どうして賞味期限があまりにも過ぎた
食べ物を給食に出すことができるのでしょうか。原因として在庫管理の不徹底など
と書かれていましたが、人が食べる物の管理ができていないというのはおかしいのでは
ないでしょうか。
何か問題が起きたら、どのような責任をとるのでしょうか。
もっとしっかりした対応をお願いしたいものですね。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル、報道ニッポン、現代画報
国際ジャーナルに掲載

ビジネスの月刊誌国際ジャーナル 相馬の酪農家自殺、遺書には・・・

「原発さえなければ」



福島第一原発の事故が原因で牛を処分し廃業してしまった、福島県相馬市の

酪農家の50歳代男性が遺書を残し自殺・・・

自殺していた小屋の壁には白チョークで、「仕事する気力をなくしました」

「残った酪農家は原発にまけないで」と書かれていた。



本当に・・・



原発さえなければと思っているのは、東日本の住む住民の全員の気持ちでは

ないでしょうか。

またしても、原発が原因の自殺者がでたこと、とても悲しく思っています。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社
報道通信社

報道ニッポン・報道通信社 内閣不信任案について考える

国民の注目の中で開かれた衆議院本会議ですが、内閣不信任案の決議案の採決が
行われた結果として、自民党・公明党・みんなの党・たちあがれ日本が 賛成し
ましたが、民主党内で賛成する意向を示していた小沢元代表らが採決を欠席して
います。また、鳩山前総理大臣や原口前総務大臣らが反対に回っ ているので、
結局のところ決議案は、賛成152票、反対293票の反対多数で否決されまし
た。これからの政局の動向が焦点となりそうですね。



ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社|報道ニッポン|記者サイト
ぱんだの国際ジャーナル

月刊誌・国際ジャーナル AKB48選挙結果

みなさん、AKB48の総選挙の結果が出ましたね~!すでにチェック済みですか?!今年は、去年一位だった大島優子に大差をつけて、前田敦子さんが1位を獲得してましたよね。ちなみに前田さん、1位になれたことで涙を浮かべながら、素直にすごくうれしい、感謝の気持ちでいっぱいで、1票1票はあたたかくて、すべてのメンバーに感謝していると語られているそう。2位の大島さんに1万7千票の差をつけての1位だったため、きっと心からうれしかったでしょうね。

大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-2529(代表)
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
報道通信社

報道ニッポン・報道通信社 故人の笑顔がイラストに

新聞に載っていた記事なのですが、東日本大震災で死亡した人の生前の姿を描いて
遺族に贈るという支援活動が、岩手県の避難所で行われているそうです。
そのイラストは、遺族の心の傷を癒していると新聞に書かれていました。
遺族から故人の性格や口癖、そして思い出話を聞いた後に写真を元に水彩絵の具で
3時間かけて描くのだそうです。1日1人が限定となっているようです。
中には写真が津波で流されてしまったという人もいるかもしれません。イラストで
大切な人の笑顔がもう一度見れるというのは、とても素晴らしい話ではないかと
私は思います。1日1人が限定ということなので自分の順番が回ってくるまで
時間がかかるかもしれませんが、大切な人の笑顔を見れるのであれば多くの人が
待てるかもしれませんね。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルで掲載
国際通信社Booksブログ

国際ビジネスジャーナル 日々変わっていくインターネットの世界

最近のインターネット関連のニュースでは、蔵独活コンピューティングという言
葉をよく見かけます。これはどのようなものなのか興味があります。国際ジャー
ナルでも、このような新しいインターネットの仕組みについてわかりやすく解説
してもらいたいところです。クラウドとは「雲」を表す言葉の様です。簡単にま
とめてみると、ネットワーク上のどこかにある情報、データなどのリソースにど
こにあるかという意識をすることなく、アクセスできる環境、利用スタイルをク
ラウドコンピューティングというそうです。ちょっと難しい感じもしますね。こ
のクラウドコンピューティングにはどのような利点があるのでしょうか。この点
についてはもっと調べてみたいと考えています。日々パソコンを使うような一般
ユーザーにとっても、役に立つものであれば、積極的に取り入れてみたいと思い
ます。インターネットの世界では、新しい技術や考え方が次から次へと登場して
きますので、何かを覚えて完成ということはありません。逆にいうと、いつも新
鮮な気持ちでインターネットに取り組むことができるのではないかと思います。
そんなところがインターネットの面白いところではないかと、最近は感じています。






現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルからの誘惑
press-blog.org | 国際ジャーナル | 国際通信社

ザ・ヒューマン・ビジネス 枝野氏、茶農家の被害も補償対象

枝野幸男官房長官ですが、茨城県や神奈川県などでお茶から暫定規制値を

上回る放射性セシウムが検出されたことで、

出荷制限になったことについても、当然に原子力損害の補償の対象になる

ことを前提に規制をかけていると述べました。



このことから茶農家に対する被害についても、福島第1原発事故にかかる

損害賠償ということになります。



たぶんこれからもっと被害が多くなるはずです。

補償の対象になると言いきるのはいいのですが、国民の税金を使うという

ことのならないようお願いします。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルを手にして
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年6月号のご案内

月刊誌・国際ジャーナル はしかの感染者が増加

新聞に載っていた記事なのですが、「はしか」の患者報告数がゴールデンウィーク明け
の5月9日から15日の週が28人で、前の週の14人から大きく増加したことが
分かったのだそうです。
都道府県別に見ると、最も多いのが東京の12人、そして埼玉、千葉、神奈川が各3人、
関東地方が4分の3を占めたそうです。
年齢別に見ると、1~4歳が52人で最も多く、以下は20歳代、30歳代、10~
14歳と続いてるようです。
幼い頃に予防接種を受ける人も多いと思いますが、これだけ増加していると聞くと、
不安になってきますね。


ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報
報道通信社

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゲームに出現する暗号 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。